シネマイクスピアリ

2020 キネマイクスピアリ 舞浜で名画を 名作映画を月イチリバイバル上映2020 キネマイクスピアリ 舞浜で名画を 名作映画を月イチリバイバル上映

近年話題になった作品から、スクリーンではなかなか観る機会のないクラシックの名作まで、
多数の作品の中から劇場担当者が今おすすめする「名画」を毎月一作品ずつ、特別料金にてリバイバル上映しています。
見逃していた映画や懐かしい名作に、スクリーンで出会ってみませんか。

開催期間
毎月一作品
一週間限定(金~木)
※土~金より変更となりました
上映時間
朝11:00〜 ほか
料金
¥1000
(大高生/中小学生/幼児¥500)

劇場営業時間の変更にともない、朝11:00~の上映時間が変更になっている作品もございます。
また当面の間、アンケートの配布・受付は休止させていただきます。

ラインナップ

2020.10.16 UPDATE

Vol.107 11月の上映作品

ボヘミアン・ラプソディ

2018年/アメリカ

リクエスト上映

上映期間
11/20(金)〜26(木)
料  金
¥1000(大学生以下¥500)

監督:ブライアン・シンガー

出演:ラミ・マレック/ルーシー・ボイントン/グウィリム・リー/ベン・ハーディ

全世界が熱狂!感涙!喝采!言わずと知れた<クイーン>の感動の物語を描き、日本でも131億円を越える興行収入を叩き出した『ボヘミアン・ラプソディ』がクィーンの再評価に繋がったことは言うまでもありません。再映のリクエストがかねてから多かった本作を、1991年11月24日に死去したフレディ・マーキュリーに哀悼の意を捧げ上映いたします。

  • ※上映期間や時間は、開催月・上映作品によって変更となる場合がございます
  • ※特別興行のため、各種割引制度やシネマイクスピアリ鑑賞券、6ポイント無料鑑賞などは全てご利用いただけません
  • ※過去の公開時に販売されていた各作品の前売り券は、ご利用いただけません
  • ※一部作品では希少フィルムでの上映となり、画像や音声にキズや劣化が見られる場合がございます。あらかじめご了承のほどお願いいたします
  • ※チケットは通常どおり、劇場窓口およびオンラインチケット「Myシート・ リザーブ」にて発売いたします(全席指定席)
  • ※上映作品やスケジュールは急遽変更となる場合がございます

COMING SOON

次回 Vol.108 12月の上映作品

幸せなひとりぼっち

2016年/スウェーデン

上映期間 12/18(金)〜24(木)

これまでの作品

Vol.97 1月の上映作品

メランコリック

2019年/日本

シネマイクスピアリ初上映

リクエスト上映

上映期間
1/11(土)〜17(金)
●1/11(土) 11:00~/18:15~
●1/12(日)~16(木) 11:00~/13:20~/18:15~
●1/17(金) 11:00~/18:15~
料  金
¥1000(大学生以下¥500)

監督:田中征爾

出演:皆川暢二/磯崎義知/吉田芽吹/羽田真/矢田政伸 ほか

2020年最初の作品は、かねてからリクエストの多かった話題作を上映します。物語は殺しから始まり、友情、家族、恋愛などいろいろな要素が盛り込まれ予測不可能!地元・浦安市の銭湯で撮影されたシーンも登場するのでお見逃しなく。初日の1/11(土)11:00~の回では、映画の公開を記念して舞台挨拶も開催!

Vol.98 2月の上映作品

小さな恋のメロディ

1971年/イギリス

シネマイクスピアリ初上映

リクエスト上映

PG12

上映期間
2/22(土)〜28(金)
11:00~/18:30~
料  金
¥1000(大学生以下¥500)

監督:ワリス・フセイン

出演:マーク・レスター/トレイシー・ハイド/ジャック・ワイルド/シーラ・スティーフェル

少年少女の初恋を描く本作は劇中のビー・ジーズの音楽とともに公開当時、日本で一大ブームを巻き起こしました。子供たちのピュアな感情だけでなく、“自分に正直に生きたい”と願うまっすぐな想いも描かれ、一度ご覧になったことがある方にも改めて心に響くメッセージがあると思います。名作は色あせない、輝きは失われないものですね。

Vol.99 3月の上映作品(延期上映6月)

≪延期上映≫卒業 4Kデジタル修復版

2019年/アメリカ

シネマイクスピアリ初上映

リクエスト上映

上映期間
6/12(金)〜18(木)
13:20~/15:45~/18:15~
料  金
¥1000(大学生以下¥500)

監督:マイク・ニコルズ

出演:ダスティン・ホフマン/アン・バンクロフト/キャサリン・ロス/マーレイ・ハミルトン ほか

世界的にヒットした、1960年代を代表する青春映画の金字塔がスクリ ーンに復活!当時まだ無名の俳優だったダスティン・ホフマンを一躍スターにした作品でもあります。4Kデジタルで甦る当時の空気感や結婚式でのあの名シーン、そしてサイモン&ガーファンクルの名曲とともにほろ苦い青春を追体験してください。

Vol.100 4月の上映作品(延期上映6月)

≪延期上映≫世界一と言われた映画館

2019年/日本

シネマイクスピアリ初上映

リクエスト上映

上映期間
6/19(金)〜25(木)
12:50~/14:30~/16:30~
料  金
¥1000(大学生以下¥500)

監督:佐藤広一
出演:井山計一/土井寿信/佐藤良広/加藤永子/太田敬治/近藤千恵子 ほか

キネマイクスピアリの100回記念として4月に上映を予定していた作品を復活上映!映画を愛する人々が、山形酒田に実存した伝説の映画館について語るドキュメンタリー。シネマイクスピアリがそうなるまでの道のりはまだ遠いですが、せめて皆さんの大切な思い出とともにある劇場でありたいという願いを込めて、上映します。

Vol.101 5月の上映作品(延期上映6月)

≪延期上映≫存在のない子供たち

2019年/レバノン、フランス

シネマイクスピアリ初上映

PG12

上映期間
6/26(金)〜7/2(木)
12:15~/18:00~
料  金
¥1000(大学生以下¥500)

監督:ナディーン・ラバキー
出演:ゼイン・アル=ラフィーア/ヨルダス・シフェラウ/ボルワティフ・トレジャー・バンコレ/カウサル・アル=ハッダード ほか

12歳の少年ゼインが自分を産んだ罪で両親を訴える。貧困のため出生届けを出してもらえなかった彼は、法的にはまさに“存在のない子供”。劣悪な環境での労働を強いられ、そんな中でも弱き者を助け、サバイブしようとするゼインくんの姿に胸が痛みます。我々は決して遠い国の出来事と思ってはいけない…。

Vol.102 6月の上映作品

シング・ストリート 未来へのうた

2016年/アイルランド、イギリス、アメリカ

リクエスト上映

PG12

上映期間
6/1(月)〜11(木)※11日間限定上映となります。
13:20~/15:45~/18:15~
料  金
¥1000(大学生以下¥500)

監督:ジョン・カーニー

出演:フェルディア・ウォルシュ=ピーロ/ルーシー・ボイントン/ジャック・レイナー/エイダン・ギレン ほか

世界中の映画ファンに愛されている、ジョン・カーニー監督による青春映画の傑作を上映。80年代のヒット曲はもちろん、オリジナル曲がどれも名曲揃いで素晴らしい!そしてヒロインを演じるルーシー・ボイントンがとにかく可愛い!!劇場の再開と同時にこの作品を皆さまにお届けすることができて、本当に嬉しいです。

Vol.103 7月の上映作品

はじまりのうた

2015年/アメリカ

リクエスト上映

上映期間
7/3(金)〜9(木)
12:25~/17:20~
料  金
¥1000(大学生以下¥500)

監督:ジョン・カーニー

出演:キーラ・ナイトレイ/マーク・ラファロ/ヘイリー・スタインフェルド/アダム・レヴィーン

6月に続き、音楽映画ファンの心をつかんで離さないジョン・カーニー監督作品をセレクト。アメリカで5館から公開がスタートし、口コミが広がり大ヒットした名作。キーラ・ナイトレイの歌声やファッションがとにかくキュート!ハルクでお馴染みのマーク・ラファロも渋い!観終わった後に温かい気持ちでいっぱいになる素敵な作品です。

Vol.104 8月の上映作品

太陽の塔

2018年/日本

シネマイクスピアリ初上映

上映期間
8/14(金)〜20(木)
11:00~/19:10~
料  金
¥1000(大学生以下¥500)

監督:関根光才

出演:赤坂憲雄/安藤礼二/糸井重里/植田昌吾/大杉浩司

1970年の大阪万博会場のシンボルゾーンに作られた、岡本太郎デザイン“太陽の塔”。現在・過去・未来を貫いて生成する万物のエネルギーの象徴として作られたこの巨大モニュメントに、岡本太郎はどんなメッセージを込めたのか。2018年3月から48年ぶりに内部公開が始まった太陽の塔は、しばらく休館が続いていたのでこの映画でご堪能あれ~!!

Vol.105 9月の上映作品

さよならテレビ

2020年/日本

シネマイクスピアリ初上映

上映期間
9/4(金)〜10(木)
11:00~/18:40~
料  金
¥1000(大学生以下¥500)

監督:圡方宏史

プロデューサー:阿武野勝彦

テレビの現場の内側(裏側)をのぞき込んだかのような赤裸々な描写にドギマギしていると、やがてそれを覆す展開が待っていたり…、まるでエンタメ劇映画のような味わいも備えたクセモノドキュメンタリー。テレビ好きな方も、テレビより映画が好きという方も、ドキュメンタリーはちょっと苦手という方も、この作品は試してみて損はありません!

Vol.106 10月の上映作品

砂の器

1974年/日本

シネマイクスピアリ初上映

リクエスト上映

上映期間
10/9(金)〜15(木)
11:00~/16:30~
料  金
¥1000(大学生以下¥500)

監督:野村芳太郎

出演:丹波哲郎/加藤剛/森田健作/島田陽子/山口果林 ほか

日本映画史に残るダイナミックなクライマックスシーン、丹波哲郎の迫真の演技、そして「別の選択はなかったのか」という悔恨が残る結末は観る者の心を掴んで離さない。時代を越え、“繰り返し、繰り返し"語られる映画であること間違いなし!松竹映画100周年を本作の上映をもって、シネマイクスピアリも勝手にお祝いいたします!

ピックアップ

  • 映画鑑賞をもっとおトクに!

  • 11月の上映作品:『ボヘミアン・ラプソディ』

  • 毎週更新中!

  • “ミニシアター”作品を一挙ご紹介!

  • 次回開催は、決定次第お知らせします

ご注意ください!

ご利用完了後、お客様の購入番号確認ページが表示されるまでは画面を閉じないでください。

新型コロナウイルス感染拡大防止対策のため、ご協力をお願いいたします。
ご購入の前にまずはこちらをご確認ください。
・入館時に検温を実施し、37.5度以上ある場合には入館をご遠慮いただきます。体調がすぐれない場合はご来館(チケット購入)をお控えください。
・マスクをお持ちでないお客さまはご入館をお断りいたします。

ご不明な場合は、劇場までご連絡ください。
シアターインフォメーション
047-305-3855

オンラインチケット購入方法

イクスピアリからのおすすめ

top