『カーズ/クロスロード』

|

 毎日暑いですね、女住人Mです。
さてあのテーマ曲と共に7/1から『パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊』もスタートしシネマイクスピアリも夏本番!といった感じですが、まだ始まったばかり。今回はディズニー/ピクサー最新作7/15公開『カーズ/クロスロード』をご紹介します。
 言わずと知れた「カーズ」シリーズ3作目。長年レース界のスターとしてトップに君臨していたライトニング・マックィーンの前に次世代レーサー、ジャクソン・ストームが台頭。実力にも陰りが見え焦り始めたマックィーンはレース中にクラッシュ事故を起こしてしまい、まさに人生の岐路=クロスロードに立たされます。
carscr.jpg

 車大好きジョン・ラセターさんが製作総指揮を務めていることもあって車表現は尋常じゃないぐらいのマニアック度が発揮されている(らしい)本シリーズですが、車に興味がなくても心奪われてしまうのが「カーズ」の世界。それはやっぱりメッセージ性の強さにあるでしょう。今回のテーマはズバリ"世代交代"!

 若い時は勝つことが全てだったけれど、仲間たちや恩師の出会いによって、他にも大切なことを見い出し今やベテラン・レーサーとなったマックィーン。次世代型レーサーが登場しても「若い者には負けんぞ、わしには経験もあるからの。がはは」と高笑いしていても、体力の衰えというのは確実にやってきます。そう、誰にも同じように時間が流れ、老いがやってくる、不公平な世の中でこれだけは平等なんです。ジワジワやってくる老いの足音はある日突然ダムが決壊するかのごとく一気に押し寄せてきます。若者の存在が戸惑う先人に「もうあんたの時代は終わりだよ」と告げます。そして焦ったら最後、どんどん追い込まれていくのです。
carscars.jpg

若者と同じようなことをしてみては失敗し、焦っては空まわり・・・昔は出来ていたこともどんどん出来なくなってくる、って何の話だよ、ってこれが今回の「カーズ」なんです。車の話だろ?子供向けのアニメだろ?そう思っていたらたまげます。
carssub3.jpg

 クラッシュ事故の後、怪我からは回復するも、受けた心のダメージの方が想像以上に深かったマックィーンの挫折はさらに続きます。ですよね、年を取るとメンタルの方が回復遅いですもんね・・・そんな時に相棒として若きトレーナー、クルーズ・ラミレスがマックィーンをサポートします。
自身の憧れでもあったマックィーンのために"スピードが全て"をモットーに最新知識を駆使して"再生プロジェクト"に立ちあがるクルーズですがそのやり方はマックィーンには向きません。トレーニングセンターを飛び出した彼は自分流のやり方で再起をかけるのです。そんな中でマックィーンはクルーズが知らないことを伝授したり、時にぶつかりあったり。その光景はまさに世代交代の正しい有り様ではありませんか。古きことにも新しきことにもそれぞれ長所短所があるものです。世代の異なる者同士が互いを敬うことで、新しい道を模索し発見する。『カーズ/クロスロード』はまさにそれを象徴する物語なのでした。
carssub.jpg
この夏休み、子供のために一緒に観てやるか、と思った大人も、カーズ、可愛いな~とキャラに惹かれて観に来た方も、まさかの展開に"カーズ"の世界観の深さに、きっと驚くことでしょう。
そういう意味でも家族みんなで楽しめる1本です。そして恒例の同時上映の短編、今回は『LOU』。子供たちが大好きな休み時間の運動場を舞台にこれまた大人から子供まで楽しめて、ジ~ンとくる物語の誕生ですYO!

シネマイクスピアリのエントランスでも恒例のフォトロケーションが「カーズ~」と「パイレーツ~」の世界観で展開中。映画と併せてお楽しみ下さい♪

By.M
©2017 Disney/Pixar. All Rights Reserved.

『ジョン・ウィック:チャプター2』

|

 湿気ムンムンな今日この頃、スカっとした映画を観たくなりますね。皆さんこんにちは、女住人Mです。という訳で今回はめくるめくアクションシーンでスッキリ爽快、7/7(金)公開『ジョン・ウィック:チャプター2』をご紹介します。
01.jpg

 そもそもジョン・ウィックとは何ぞや?ですが、彼は最愛の女性ヘレンと出会ったことで引退した元殺し屋、演じるはラーメン大好きキアヌ・リーブス。病気でヘレンを亡くした上に彼女から贈られた愛犬をマフィアに殺されたことで復讐のため元の家業に復帰!というのが前作のあらすじでその5日後から描かれるのが本作です。
02.jpg

ワンコの復讐を終え、新たなワンコを飼うことにしたジョンさんの元に今度はイタリアン・マフィアのサンティーノから姉殺しの依頼が舞い込みます。平穏な生活に戻ろうと思っていたのでジョンさんはこれを拒否。それに逆ギレしたサンティーノがジョンさん宅を破壊。サンティーノは生き伸びたジョンさんの復讐を恐れ彼の首に7億円の懸賞金をかけたことで、ジョンさん、今度は世界の殺し屋に命を狙われます。
03.jpg

 前作を観ていなくても、キアヌのアクション映画、殺し屋で非道だけどワンコ大好き、"コンチネンタル"という世界中の殺し屋をサポートする謎の組織がある、というぐらいの知識があれば本作からでも楽しめる安心設計です。そして本作のポイントはやっぱりキアヌ!「マトリックス」で人気の座を不動にしたキアヌ(現在52才)が50代目前にして再びアクション映画で完全復活を遂げたのが本シリーズ。
04.jpg
(ローレンス・フィッシュバーンも登場で、さながら「マトリックス」同窓会。)

実は子供の頃から千葉真一の大ファンで千葉ちゃんを「マエストロ」と呼ぶキアヌ。自身の初監督作品はアメリカと中国の共同制作「ファイティング・タイガー」という武術映画な所からも筋金入り具合が伺えます。で、「マトリックス リローテッド/レボリューションズ」でスタントコーディネーターを務め、キアヌのスタントダブルも兼任していたチャド・スタエルスキを前作から監督に抜擢し、銃とカンフーを融合させた"ガン・フー"アクションを作りだし、柔道の技をベースにした動きにもさらに磨きがかかりバージョンアップ!おまけにキアヌからも「狂ってるよ」とお墨付きのカーアクションも増量で宣伝ではこれを"カー・フー"、ナイフを使った格闘スタイルは"ナイ・フー"と名付け、とにかく"フー"を付けておこうというスタンスが最高です。
05.jpg

 またジョンさんが属する殺し屋の組織"コンチネンタル"。ホテルという体裁を取っているこの組織、大人の子供心をくすぐる設定てんこ盛り。コンチネンタルホテル・ローマに向かったジョンさんがサンティーノを倒すために殺し屋の装備、先ずはスーツの仕立てから始まり、銃やナイフの調達をする一連のシーンは「007」はたまた「キングスマン」彷彿でテンションがアガ↑ること間違いなし!こういう映画はとにかくルックス、恰好から入るのが鉄則なのです。
06.jpg

 そして主役と敵対するキャラが魅力的だと映画自体が締まる、というのもセオリー。本作ではサンティーノの部下、言葉は発せず、手話でコミュニケーションをとるジェンダーレスの美しき殺し屋アレスに注目!演じるは「バイオハザード:ザ・ファイナル」や「トリプルX:再起動」といった映画でも登場し赤マル急上昇なルビー・ローズ。ジョンさんを応援しなきゃなのに、アレスの勝利を願ってしまうほど、クールビューティーな風貌とキレキレのアクションで今後も期待大なのです。
07.jpg

 前作ではかわいいワンコが殺されてしまう・・・という設定があった為、愛犬家からは「そんな映画観られない・・」という声も上がりましたが、本作ではワンコに対する危機管理は万全ですので、ワンコ大好きな方も安心してお楽しみ下さい♪
08.jpg
(ニューヨーク観光映画としても楽しめます。こちらはブルックリン・ブリッジとジョンさん、そしてワンコ)

By.M
(C)2017 Summit Entertainment, LLC. All Rights Reserved. (C)Niko Tavernise

『ありがとう、トニ・エルドマン』

|

 皆さん、こんにちは、女住人Mです。今週末からいよいよ夏興行の始まりです。夏休みに向け大作やファミリー映画が続々公開されるこの時期。っと、その前にどうしてもご紹介しておきたい作品が・・・6/24(土)公開『ありがとう、トニ・エルドマン』です。
TEmain.jpg

 親元を離れ生活しコンサル会社に勤める独身女性イネス(ザンドラ・ヒューラー)。仕事人間の彼女には悪ふざけとジョークが大好きな父・ヴィンフリート(ペーター・ジモニシェック)がいます。父は愛犬の死をきっかけに娘が働くブカレストにやってくるも、そんな彼が鬱陶しいイネスはぞんざいに扱ってさっさと追い返してしまう。が、ホッとしたのも束の間、モサモサのカツラ、出っ歯の入れ歯をした父が"トニ・エルドマン"と名乗って再びイネスの前に登場します。本作は世界各国の映画賞に輝き、有力誌で2016年ベスト1を総ナメにした父と娘の物語です。
TEsub2 (1).jpg
(「こんにちは、私がトニ・エルドマンです。」)

 さて突然ですが皆さん、お父さんとの関係性ってどうですか?小さい頃は「パパ、パパ」と言っていた娘もいつの間にか「お父さんキモイ!下着一緒に洗うとかキモイ!」と言い出し、おうちで肩身の狭い存在になっている・・・というのはよく聞くお話。私の周りも7割ぐらいは父と疎遠、もしくはあまり接点なしと言っている友が多いのですが、私の場合は小さい頃からお父さん子で、すこぶる良好な関係を保っていました。とは言え、一緒に生活した時間より離れて暮らす時間が遥かに長くなってしまうと、たまに会って話しかけられるだけで何だか不機嫌になってしまう。嫌いじゃない、嫌いじゃないけどほっといて~、となる。
TEsub3.jpg 

でもってこの映画です。私はイネスが自分に見えてしょうがない。ちょっと陽気にジョークを言う父、これが友達のお父さんだったりすると「楽しくていいじゃん、可愛いじゃん」となるけれど、自分の親だとイライラ。ちょっと心配されようものなら「ちゃんとやっているから」とイライラ。いやわかってるんです、お父さんは無条件に心から心配してくれていることも。それが充分わかっていても、甘えからの八つ当たり。それも娘の自分なら許されると思っているおごり。映画の中でも冷たい行動を取ったあげく、父をベランダから見送り、トボトボ帰る後ろ姿を見て、涙ぐむイネスに「どっちやねん」となりますが帰省の度にこれと全く同じ行動をしている自分がいる。悪い、悪いと思っていても心は裏腹、一人になってやっと素直になっても遅いのに・・・
TEsub6.jpg

 と、父娘の微妙な距離を描く物語、ここまでだったら、よくある話ですがこの映画の本領発揮はここから。「もうお父さんが急に来てね、いい迷惑よ」なんて友達と話していたら後ろに立っている、で「私はトニ・エルドマンです。」と名乗って友達と談笑し、和気あいあい。「何やってんのよ!」とお父さんを責めるも、娘が心配でならないお父さんも引かない。お得意の悪ふざけを交えて、イネスの気持ちをほぐそうと、どんどん日常に浸食し、却って彼女のイライラは積み重なっていくのです。
TEsub2 (2).jpg

でもイネスも気付き始めるのです。自分の存在や居場所に執着し過ぎて周りが全く見えなくなっていることも。そんな執着を守りたいがために大切なことを見失っていることも。そして大切なことが一体何なのかすら、わからなくなっていることも。だからこそ自由に生きている(と見える)父を見て、余計に腹立たしくなっていることも・・・・
TEsub7.jpg
(一人暮らしの女の悲哀溢れる、このシーン!)

 そんなどん詰まりのイネスだったのですが、ついに感情のビッグバンを迎えることになります。あんなに自分の気持ちを殺して本当のことから目を背けていた彼女がまさに"裸"の心をむき出しにする展開が!唖然!愕然!?爆笑!なのに泣ける、泣けてしょうがない・・。ちょっと奇想天外な父娘の物語ではあるのですが、映画を観終わった後は何とも言えない温かい余韻がイネスと共にむき出しになった皆さんの心も包み込んでくれると思います。
TEsub5.jpg

 本作はドイツ=オーストリア映画。馴染みの薄い遠い国のお話に思えますが、父娘の関係はこんなにも世界共通なのか、ということに驚愕しつつ、自分に似た仲間が見付けられた気がしてちょっと嬉しくもなったり・・・いや、そんなことより、今後はちゃんと素直にならなきゃですね。気付かせてくれて、本当に「ありがとう、トニ・エルドマン」!

By.M
© Komplizen Film

『キング・アーサー』

|

 こんにちは、女住人Mです。
今週は雨模様な日が多そうですが、そんな時にスカっとするのに打ってつけの1本、6/17(土)公開『キング・アーサー』をご紹介します。
KA-15164r5.jpg

 何世紀も語り継がれ、これまでも何度か映画化された英国の十八番と言っても過言でない、アーサー王をめぐる伝説をベースにしたアクション映画が本作。あくまでも伝説ということでイマジネーションを膨らませていろんな物語が作れるということが"アーサー王"の魅力の1つ。で、今回はイングランド王ユーサー(エリック・バナ)の一人息子でありながら、両親を叔父ヴォーティガン(ジュード・ロウ)に殺害され、スラム街に逃げ孤児となったアーサー(チャーリー・ハナム)が過酷な環境で成長し、やがて聖剣エクスカリバーを手にし、王の座を奪還すべく仲間たちと共にヴォーディガンに立ち向かう、というあらすじ。アーサーがスラムで育ったストリート系、そこから這い上がった彼は何よりも仲間を大切にする人情には厚いヤンチャ者、というキャラがポイントです!
KA-19480r.jpg

 本作の監督、マドンナの元旦那としても知られ、最近ではロバート・ダウニー・Jr.主演の映画「シャーロック・ホームズ」シリーズや去年公開「コードネームU.N.C.L.E」でお馴染のガイ・リッチー。彼の作品には「あ~ガイ・リッチーだね」と思わせる、スタイリッシュな音楽使いとハイスピードカメラを駆使した、スローモーションとスピードアップの多用映像というお得意な手法があって、本作でもそれが随所に登場。なので、彼の過去作のテイストが好きだった方はこの映画もきっと好物だと思います。
KA-TP-0037.jpg

 映画は「僕が描くアーサー王伝説はあくまで骨太ファンタジーです」と宣言するかのようなスペクタクル映像でスタートし、続いて少年アーサーがスラム街にある道場(アジア系の師匠が登場!?)で身体を鍛え、生き抜くスキルを磨く様が軽快なサウンドと共に高速早送りで描かれ、あっと言う間に青年アーサーの出来上がり~となる、何ともかっちょいい導入。この辺りは"まさにガイ・リッチー"らしさ炸裂なのです。
KA-FP-0014.jpg

 一方、兄を殺し、どんな犠牲を払おうとも王座の地位に固執する現・王のヴォーディガンは聖剣エクスカリバーを手にする男がいつか現れ、自分の地位を脅かすという恐怖に憑りつかれいます。演じるは「シャーロック・ホームズ」でワトソンを演じた超絶美形のジュード・ロウ。演技力には定評がありつつ、若い頃に美男子な要素を持ちあげられすぎて、御髪がちょっと変貌したのを機に!?良い役になかなか恵まれませんでしたが、ここ最近は意地の悪い役をするとさらに美しさが引き立つイケオヤジ、というポジションを獲得。本作でも暴君ヴォーディガンを魅力的に演じております。
KA-FP-0003.jpg

そう、私は常々ジュードにはこういう役をやってほしいと望んでいました。風貌のちょっとした変化なんか全然問題ありません。彼の出世作「ガタカ」や「リプリー」にしろジュードにはこういう意地悪な役がお似合いなのよ!美しいからゾクゾクするのよ、と。私の願いも叶い、全世界のジュードファンも狂喜乱舞なのです。そしてそれを一番わかっているのがガイ・リッチー監督、というのもこの映画を観ると一目瞭然で、彼がどれだけジュード・ロウを愛しているかが全面に出過ぎている所もご愛嬌です。
KA-FP-0002.jpg

 と、紹介すると主役アーサーが霞んでいる映画に思われるかもしれませんが「敵を作るより、仲間を作れ」をモットーに、スラムで苦楽を共にした仲間たちと共に、成りあがって行く様は軽快で痛快!ソードアクション系ゲームが好きな方から英国俳優好き(チャーリー・ハナムもジュード・ロウも英国系)、そして筋肉フェチの方まで、幅広い方々に楽しんで頂ける1本ですYO!
KA-FP-0009.jpg

By.M
(C) 2017 WARNER BROS. ENT. INC.,VILLAGE ROADSHOW FILMS (BVI) LIMITED AND
RATPAC-DUNE ENT. LLC

『パトリオット・デイ』

|

 皆さん、こんにちは女住人Mです。今回は4月にご紹介したメキシコ湾での原油流出事故を描いた「バーニング・オーシャン」に続いて主演:マーク・ウォールバーグ×監督:ピーター・バーグがタッグを組み、実録ドラマ&現実世界のヒーローはどこにでもいる普通の人だよシリーズな1本、6/9(金)公開『パトリオット・デイ』をご紹介します。
pd_main.jpg

 アメリカの祝日"パトリオット・デイ(愛国者の日)"に毎年開催されるボストンマラソン。このレースのゴール付近で3人が死亡、264人が負傷する爆弾テロ事件が発生します。ボストンの街は異常事態に陥るも、事件は4日間で解決。その裏には知られざる事実があったのです。本作はテロ事件に対峙することになった地元警察とFBIがわずかな手がかりから事件を解決に導くまでをドキュメンタリー映画さながらにスリリングに緊迫感MAXで描きます。
pd_sab4.jpg

 ボストンにおける"パトリオット・デイ"は街を上げての祝日で、その日はマラソンに出るか、それを見るか、地元球団のレッドソックスの試合を見るか、という街全体がお祭りムードなLOVEボストンな日。街中は応援の歓声が湧き、みんながリラックスしている空気が漂っている最中、無差別テロが起き街中は未曾有のパニックに陥ります。

 物語は序盤からこの事件に何かしらの形で関わることとなる登場人物たちの視点がそれぞれ描かれる、群像劇のような形で進行します。犯人たちがどのようにして当日行動し、事件を起こし、その後逃亡し、逮捕されるのか、事件に対しFBIと警察がどのように対処し、犯人を追いこみ、逮捕に至るのか、事件に巻き込まれてしまった人たちがどのようにその日を迎え、事件に遭うのか・・・。そういったいくつものシークエンスが丁寧にかつテンポよく語られるので臨場感この上なし。
pd_sab5.jpg

また、徹底的なリサーチによって再現される爆発現場や捜査過程のリアリティ度の高さは、この手の作品を撮らせたら、3本指に入るピーター・バーグ監督ならではの職人技が光ります。そして物語はとにかく犯人を早く見つけてほしい、怪我を負った人たちが少しでも軽傷であってほしい、パニックで離ればなれになった家族たちが早く再会してほしい、といろいろなどうか、どうかという願いの中で進行し、徐々に犯人たちの行動にフォーカスされていきます。
pd_sab2.jpg

 しかしそこに浮かび上がるのは組織化され訓練を受けたテロ軍団の影というより、ネットやSNSの普及によりある日突然テロリストになってしまった若者たち、という像なのです。
"絶対に犯人をあげてやる"という執念とは裏腹に逃亡する犯人たちの行動はとても感情的。途中、身内の喧嘩が始まったり、行き当たりばったりで動いたりと、あんなお粗末な精神性で行動したことが、あんなに多くの犠牲を出した事実を考えると、そのギャップでやりきれなさは倍増です。

 この手の作品なので、どうしても"アメリカ万歳"的な要素が一方的だと感じる方もいるかもしれませんが、ここで描かれることは最大の危機から見事に立ちあがって行く市民一人一人の姿、そしてそこから立ち直っていこうとする人々、一人一人の心の強さです。
"テロには屈しない"そんなアメリカの姿がこの映画には強く投映されていたのでした。

 そして群像劇映画として秀逸な本作はそれを支えるキャスト陣の演技にも注目!自らがボストン生まれなだけに製作陣にも名前を連ね、並々ならぬ思いでこの作品に取り組んだ地元警官トミーを演じるマーク・ウォールバーグ。常に冷静にクールに現状を見極めるFBI捜査官リックを演じるケヴィン・ベーコン。
pd_sab1.jpg
(ケヴィン・ベーコンの登場シーンが猛烈にかっこいい!!ので注目でぇす。)

この人が出る映画にハズレなし、本作ではボストン警察警視総監を演じるジョン・グッドマン。後半の山場、住宅街で起こる銃撃戦に居合わせるベテラン巡査役、「セッション」の鬼教官でお馴染J・K・シモンズと、登場する俳優たち全員がベストアクトを繰り広げ、それを観るだけでも価値ありな1本なのです。
pd_sab6.jpg
(ベテラン巡査部長を演じるJ・K・シモンズのイブシ銀的な演技も憎いね!)

 憎しみから生まれるものがあるとすればそれは"悲劇"だけ、ですよね・・・・

by.M
© 2017 Lions Gate Entertainment Inc. All Rights Reserved

『20センチュリー・ウーマン』

|

 皆さんこんにちは、女住人Mです。
今回は本年度のアカデミー賞脚本賞にもノミネートされた6/3(土)公開『20センチュリー・ウーマン』をご紹介いたします。
20CW_main.jpg

 舞台は1979年サンタバーバラ。55才のドロシア(アネット・ベニング)はシングル&ワーキングマザー。目下の悩みは15才のティーンエイジャー、一人息子ジェイミー(ルーカス・ジェイド・ズマン)のこと。何かと難しいお年頃の彼が心配で、息子の人生の指南役にと二人の女性に相談を持ちかけます。
20CW_sub01.jpg

 本作の監督はマイク・ミルズ。前作「人生はビギナーズ」(こちらもオススメ!!)では75才でゲイであることをカミングアウトした自らの父親をモデルに描き、今回は自身の母をテーマにした映画を作りました。彼自身がもともと映像作家/グラフィックデザイナー(X-GirlのロゴやGAPのCMやソニック・ユースほかのアルバムのジャケットなどなど)として活躍した後に映画監督になっている、そんな経歴もあって彼の作品は映像も音楽もとにかくおしゃれ~、というのが第一印象。

と、なると「オシャレピーポーの映画はちょっといけすかない」となるものですが、ミルズ監督の映画は親密な空気が流れていて、どこか温もりを感じさせてくれる・・・。まるで友達が大切にしているアルバムを見せて貰っているような感覚になります。それは彼が繊細な部分を差し出して映画を作ってくれるから、そんな気もしています。
20CW_01161.jpg
(劇中の衣装がミルズ監督のお母さんの形見の品や監督の私物だったり、そんなところも彼のテイストが随所で輝いています)

さて、ドロシアが多感なお年頃のジェイミーについて相談を持ちかけるのは自分の家に間借りしている写真家のアビー(グレタ・ガーウィグ)とジェイミーの幼馴染ジュリー(エル・ファニング)。アビーはデビッド・ボウイに触発されて髪を赤に染めた、生き方そのものもパンクな女性なのですが、最近病気を患いちょっと落ち込み気味。一方ジュリーもジェイミーよりはちょっと年上だけれど、この年にありがちな"若い自分"という存在自体を持てあまし、不安定。そんな危うい感じの二人に相談して大丈夫か?という感もありますが、肉親では決して教えない、彼女らなりの一生懸命のアドバイスをジェイミーにするのです。
20CW_sub02.jpg
(本作におけるエル・ファニングは可愛すぎて、非常にけしからんレベルです!)

それが思春期のジェイミーには苛立ちの種になったりで却って母息子の関係性がギスギスしたり、その苛立ちをぶつけるように、アビーと夜に出かけてお酒を飲んだり、女性の口説き方を教わったり、ジュリーとセックスについて語ったりと、ドロシアが思っていた以上の展開に・・・。でも、よく男性監督が女性を描くと変に神秘化された「こんな女神いませんから」みたいな女性が出てきがちですが、そこはジェイミー同様、母親と2人の姉に囲まれて育ったミルズ監督だからこそ、等身大の女性が描かれていて、頷けるキラーコメント(セリフ)も続出なのです。
20CW_sub03.jpg

とは言え「これは行き過ぎだわ、まずいわ!」と思ったドロシアは同じく部屋を貸していたウィリアム(ビリー・クラダップ)に助言を求めるのですが彼自身もどこか不安定な存在で・・・つまり、登場人物が誰もが危なっかしくて、もしかしたらジェイミーが一番まともな青年な気もしなくはない。そんな感じではあるのですが、思春期というセンシティブで、かついろんなことを素直に吸収出来るお年頃に、こんな大人たちに囲まれて育つジェイミーはすご~く素敵な大人になるんじゃないか、と思えるのでした。
20cw2.jpg

1970年代という時代性も描かれ、当時のファッションや音楽といったカルチャー全般も楽しめるし、映像もとても素敵で確かにシャレオツ度は高いのですが、この映画そのものとどこか親密な関係性が築けるような、そんな1本になっていますYO!

★マイク・ミルズ監督来日記念、トークショーの模様もお届け★
 再び、パーソナルなテーマで映画を作ったことに関してマイク・ミルズ監督は「最初からそういうものを作ろうとは思っていなかったんだ。僕はシャイだから自分のことを映画にするなんて考えてはいなかったよ」とコメント。
前作の「人生はビギナーズ」でお父さんのことを描いている途中にお母さんもとても素敵な人だったな、と再認識したミルズ監督は(彼女をモデルにして)自身も大好きなウディ・アレン、フェデリコ・フェリーニのような映画が作れるんじゃないかな、と思ったそうです。
CIMG7086.JPG

「パーソナルな部分を公なものに変え、自分だけのものをみんなに共有する作業は、自分の大切なものが遠くに行ってしまう感覚にもなる。でも、撮影が始まるとそこには家族のような仲間たちがいて夢が叶うような楽しい日々だったよ」とミルズ監督。
CIMG7041.JPG


 また、本作の公開を記念して映画コメンテーターのLiLiCoさんとライターのよしひろまさみちさんのトークショーも開催されました。
LiLiCoさんはアネット・ベニングが演じた母親のドロシアについて「感性、センス、オープンマインドなところが素敵!こういう家族がうらやましいわ。」とコメント。
よしひろさんも「この映画は見る人によって思い入れが違うだろうし、親を亡くしていると特に感じることがありますよね。」とコメントし「子どもにとって母親は"お母さん"というのは職業のようなものだけど、当然、母親も一人の女性なんですよね。女性としての母をもっと理解してあげたかったなぁ」とLiLiCoさん。
この映画を観ると母親の別の一面も知りたくなるのでお母さんと一緒にご覧になるのも良いかもしれませんね♪
CIMG7183.jpg

By.M
©2016 MODERN PEOPLE, LLC. ALL RIGHTS RESERVED.

『光をくれた人』

|

 皆さん、こんにちは女住人Mです。今回は「ティッシュ会社の株価が上がるほど、観るものは涙するに違いない」(ガーディアン紙)と評された、5/26(金)公開の『光をくれた人』をご紹介いたします。
inb_main.jpg

 戦争で心を閉ざし孤独を求め、孤島の灯台守になったトム(マイケル・ファスベンダー)。彼は町で会ったイザベル(アリシア・ヴィキャンデル)と惹かれ合い、結婚。幸せな暮らしを送るも度重なる流産という試練が二人を襲います。そんなある日、男の死体と赤ん坊を乗せたボートが孤島に辿りつきます。赤ん坊を育てたいイザベル、それを過ちと知りながら彼女の願いを受け入れるトム。そして月日は流れ、愛らしく成長した娘と幸せに暮らしていた二人は偶然にも娘の生みの親、ハナ(レイチェル・ワイズ)と出会ってしまいます・・・
inb_sub05.jpg

 人生に"運命のいたずら"はおこりがちです。この映画ではそれに翻弄される二人が主人公です。これまで受けた傷を癒すかのように孤島で二人だけでひっそりと、多くの事を求めず、ただ普通の生活をしたいだけなのに、これまでで辛い経験も充分しているのに(その存在の有無は置いておいて)「神様は本当にいるの?」と思ってしまう出来事が次々とやってくるのです。

イザベルの喪失感を想像するだけで観ているこちらも深い悲しみに囚われそうにもなります。それだけに二人がとった行動は決して許されることではないとわかっていても、それを頭ごなしに非難することは私には出来ません・・・。赤ちゃんが"運命のいたずら"で自分たちの前に現れたことを自分の良いように解釈してしまうイザベルを自分勝手と非難することは出来ますが、そんなに人って物分かりが良い生き物じゃないと思うんです。だって人間だもの・・・そんなスタンスの私は二人の感情の揺れのままに映画を観ながら始終ブレまくりでした。
inb_sub01.jpg

 本当はやってはいけないことをやっている二人ですが、娘をルーシーと名付け深い愛情を注ぎ、家族3人になってやっと幸せをまた手にしたかと思っていた所で再びの"運命のいたずら"・・・生みの母、ハナの登場です。もうどうしろと言うんだ~!!そこから、トムは再び自分の中の「正しきこと」と闘わなければなりません。娘を得て、イザベルがやっと幸せになったのに・・・。ハナも娘が自分の元からいなくなっているからこそ、怒りを抱えながらも、どこかイザベルやトムの行動に対して複雑な気持ちも抱えているようにも私には感じられたのでした。
inb_sub02.jpg
(迷える者に光を照らす灯台守という仕事に就いたトムが、イザベルの光になりたい、ハナの光を奪いたくない・・・そういった葛藤に苦しんだことがどこか悲しい・・・。)

 また物語は過ちを犯した二人を描きつつも、別の苦しみを味わっているハナの人生も語られます。ハナの娘の父親は敵国のドイツ人、フランク。戦争中の二人の結婚は許される訳もなく、親からも祝福されず、町の人からは酷い差別を受けてもフランクはある言葉をハナに告げ、自分に暴言を吐く人に対して一切責めることをしなかったのです。そしてその精神こそがこの映画の最後に救いを与えるのでした。
inb_sub03.jpg

悲しみも憎しみも怒りも簡単には癒えたり、和らいだりするものではありません。でもそれに囚われ過ぎると人はいろいろなことを見失い、結局多くのものを失うことになるものです。果たして自分にはフランクやハナのような行動を取れるのかと考えてしまいますが、その行為こそが今、私たちにも必要とされているような気がしてなりません。
inb_sub06.jpg

 本作の監督は恋愛映画の金字塔!?(カップルの出会いと別れの時間軸をシャッフルして描くことで心が猛烈に震える恋愛映画)「ブルー・バレンタイン」のデレク・シアンフランス。これまでの作品でもやったように物語の設定で共同生活をさせ、演技者のリアルな関係性を作り上げる、そんなシアンフランス監督の演出で、イザベルとトムを演じたアリシアちゃんとファスベンダーは実際にこの映画の撮影中に恋に落ちたという・・・そんな二人の演技を越えた説得力ある空気感も注目ポイントですYO!
inb_sub04.jpg
(LOVE LOVEオーラ、全開!!)

By.M
©2016 STORYTELLER DISTRIBUTION CO,.LLC

『メッセージ』

|

 皆さんこんにちは、女住人Mです。前回はネタバレ厳禁シャマラン監督最新作「スプリット」をご紹介しましたが、今回も伝えたいことは山ほどあるけど、核心には触れられない、でもどうしても・・・的な5/19(金)公開の『メッセージ』をご紹介します。
arrivalmain.jpg

 突如、世界中12か所に現れた謎の飛行体。大学で言語学を教えるルイーズ(エイミー・アダムス)は軍から"彼ら"の言語解読を依頼されます。"彼ら"が地球にやってきた目的を探るために・・・。
arrivalsub3.jpg

 日本ではその形状から(お菓子の)"ばかうけ"と一部で名付けられている、この謎の飛行体。その中に入り込んだ言語学者のルイーズ、物理学者のイアン(ジェレミー・レナー)ほかスタッフはタコとクラゲをどうにかしたような2匹の物体と出会い彼らをヘプタポッド(七本脚)と名付け、コミュニケーション方法を必死に探ります。地球上の様々な場所に現れたため、この危機的状況をなんとか打破しようと各国が協力し合います。そんな中でルイーズは「急がば回れ」とイアンと共に出来るだけ自分たちのやり方で彼らとの接触を図り・・・・と前半は至って王道のファーストコンタクトもの。
arrivalsub2.JPG

 2体のヘプタポッドはアボットとコステロ(由来は昔のアメリカの漫才師の名前らしいです)と名付けられ、やっとこさコンタクトの足がかりを掴むもの、解読には時間を要し、徐々に「やっぱりあいつらは侵略しにやってきたんじゃないか?」といった不安に駆られる人たちも増えていきます。交戦の構えを今にも取りそうな国も出てきて、ルイーズたちが一刻も早く彼らとコンタクトを取らねば・・といった一触即発な流れにもなり、緊迫感は増幅していきます。
arrivalsub6.jpg

その一方、この映画は冒頭からルイーズの私的な物語がフラッシュバックのように挟みこまれていきます。そこからは一人娘の成長の記憶が時間軸もまばらに断片的に登場します。ヘプタポッドとの流れとは何の関係もない所で、ルイーズはこのフラッシュバックに襲われ、悩みます。観客はルイーズが傷を抱えた人であることを何となく認識していくのですが、後半、この展開が映画全体の流れをググっと変えて行くのです。あ~、もうこれ以上は言えない・・・
arrivalsub1.jpg
(エイミー・アダムスの演技がまた素晴らしい!!)

 この映画の魅力はズバリ、入口と出口のギャップにあると思っています。導入は地球人が宇宙人と出会うファーストコンタクトものというとてもSF的なものなのに、語られるテーマ(出口)が観た人のパーソナルな部分、その人の柔らかい場所に留まるところ。
この映画の謎が解けた時には想像もしていなかったところに自分を持って行かれ、とても不思議な感覚を得ると思います。それは人によっては悲しいと感じたりするかもしれませんし、むしろ生きていくこと、誰かを愛することの強さを感じる人もいるかもしれません。
arrivalsub5.jpg

こう説明すると、ばかうけ襲来からどこに着地するのだ?と増々疑問の??を増やしてしまったかもしれませんが、そのギャップこそがこの映画の醍醐味なので、下手な情報を入れてしまう前に映画館にかけつけて頂くのが一番だったりします。もしかしたら"あなた"の人生の物語になりうる1本かもしれません。
arrivalsub4.jpg

 こんな素敵な映画を作ってしまったのは「SF映画を作るのが夢だった」と語るドゥニ・ヴィルヌーヴ監督。新作を出す度に期待と評価を高め(「プリズナーズ」「複製された男」「ボーダーライン」ほか)、今後の活躍が最も期待されている映画人の筆頭であり、今最も声に出して言いたい名前を持つ男、それがドゥニ・ヴィルヌーヴです。次回作にはSF映画の金字塔「ブレードランナー」の新作『ブレードランナー2049』(ハリソン・フォードと「ラ・ラ・ランド」のライアン・ゴズリング主演よ~)の公開を11月に控えるほか、これまた話題作「デューン 砂の惑星」のリブート版の監督に決定するなど、ヴィルヌーヴの名前をサラっと言えるとかっちょいい局面が増えますので、今のうちから名前を覚えておいて下さいね。
Villenuve.JPG
(「シン・ゴジラ」の樋口真嗣監督(右)もヴィルヌーヴ監督の大ファン。
サインをもらって映画少年に戻ったような樋口監督の表情が何ともナイスです。)

配給:ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント
By,M

『スプリット』

|

 こんにちは、女住人Mです。映画の宣伝では、ネタバレ厳禁!結末他言無用!的な煽りを入れる作品がありますが、今回ご紹介する作品もそういった類の映画、"ドンデン返し"と言えばこの人、M・ナイト・シャマラン監督最新作5/12(金)公開『スプリット』です。
splitmain.JPG

 ケイシー(アニヤ・テイラー=ジョイ)は友達がいない孤独な女子高校生。クラスの人気者クレアの誕生日パーティーに誘ってもらい、彼女のお父さんに車で送って貰う途中、同乗していたマルシアと共に正体不明の男(ジェームズ・マカヴォイ)に拉致、監禁されてしまいます。そしてその誘拐犯は23もの人格を持つサイコ野郎だったのです!
5720_D005_00149.jpg

さて、"シャマラン"と聞くとある時期からもう旬が過ぎた人・・的な認識もあったかもしれませんが、先ずそういう概念を捨てていただくことから話を始めましょう。確かに、シャマランは「シックス・センス」の大ヒットを機に人気監督になったもの、途中から暴走が止まらず、多くの観客が置いてきぼりになった時期やシャマランらしからぬ作品を作った時期もありました。しかし、シャマランは前作『ヴィジット』(2015年)で完全復活を遂げているのです。なので蘇ったシャマランを堪能いただくために、気持ちと時間に余裕がある方は是非ともこの「ヴィジット」を観て頂きたい!そんな面倒なことを勧めるぐらい「ヴィジット」傑作です!

 そして肝心の『スプリット』、前述したようにシャマランお得意のラストにまさかの・・・という展開があるので何も語れません!笑
言えることはシャマランの練られたストーリー展開を体現する役者たちの演技が本当に素晴らしいこと!!特に23人もの人格を持つケビンを演じるジェームズ・マカヴォイが凄すぎる!「ナルニア物語」のタムナスさん役でまろやかイケメンとしてファンの心を鷲掴みにし、一躍トップ俳優に。昔は風貌を活かした王子様風な役も多かったのですが、途中から彼の突出した演技力を求めキャスティングする監督が多く、シャマランもきっとそれを狙っての起用だったと思います。
5720_TP_00043R.JPG

マカヴォイはケビンの中に存在する9歳の少年からエレガントな女性、デザイナー志望の男性と演じるキャラの振れ幅はありまくりなのに、どれも恐ろしい程に演じ分けていて、ロバート秋山(のクリエイターズ・ファイル)も驚愕のマカヴォイ劇場が繰り広げられるんです。本作の終盤に登場するあるキャラを演じる時のマカヴォイは特にどうかしているぐらい凄い!!役者って本当にすげぇ~、と声に出しそうになりました。
splitsub.jpg

加えて、ケビンに誘拐されるヒロイン・ケイシーがまた良い!一緒に誘拐されてしまい泣き叫ぶだけの友達とは一線を画し、ケイシーだけは冷静で、時に機転を利かせ反撃に出たり、うまくケビンを丸めこもうと画策します。ケイシーを演じるアニヤちゃんの目がまたとても魅力的で、心を閉ざしているからいつも伏し目がちだけれど、目が大きくうるんでいるのでどこか謎めいているし、表情の一つ一つに悲しみがにじみ出るんです。
splitsub2.JPG

そして物語が展開するにつれ、彼女が抱える闇の片鱗が徐々に想像出来るようになり、ケビンを始め、物語でキーポイントとなるキャラは全て"孤独"という共通点の中である意味繋がっていくのです。奥にあるテーマはとても切なく、悲しい・・・。

でもそこはシャマラン。そういう悲しみをストレートに描かない。それが終盤のまさかの展開へと広がりをみせて行くんです。
シャマラン、勝負に出たな!
挫折を経験し、一皮むけたシャマランの快進撃はまだまだ続くのでした。

★シャマラン監督&ジェームズ・マカヴォイ来日の模様もお届け★
 本作の公開を記念して監督とジェムズ・マカヴォイさんが来日!映画を観終わった後のお客様とネタバレ解禁トークを繰り広げるイベントに参加してきました。2年ぶり7回目の来日のシャマラン監督は「今回はコミック本を買いたいんだけどどこか良いところ知らないかな?」と観客に尋ねたり・・・。
CIMG7155.JPG

9年ぶり2回目の来日となったマカヴォイさんは来日中に誕生日を迎え、当日はロボットレストランに行ったそうで「これまでで一番クレイジーな誕生日を過ごしたよ。でも外国人ばっかりで、日本の人は行かないの?」とコメント。そして観客みんなでマカヴォイさんに「お誕生日おめでとう」と祝福され「Thank you、Thank You!」と笑顔で答えていました。
CIMG7150.JPG
マカヴォイさんは今回1週間近く日本に滞在されていたようで、シャマラン監督も大の日本好き、また私たちの予想を裏切る映画を作って来日してほしいですね。

By.M
©2017UNIVERSAL STUDIOS,ALL RIGHTS RESERVED.

『カフェ・ソサエティ』

|

 皆さんこんにちは、女住人Mです。今回は今もなおハイペースで映画を作り続ける超人ウディ・アレン(今年82歳!)の最新作5/5(金)公開の『カフェ・ソサエティ』をご紹介します。
cafemain.jpg

 舞台は1930年代、主人公のボビー(ジェシー・アイゼンバーグ)は刺激的な日常を求めて映画業界の大物エージェントの叔父フィル(スティーブ・カレル)を頼ってニューヨークからロサンゼルスにやってきます。雑用係として仕事を始めたボビーですが、秘書のヴォニーことヴェロニカ(クリステン・スチュアート)にたちまち一目ぼれ、アタックするも彼女は道ならぬ恋に落ちていたのです。傷心のまま結局ニューヨークに戻ったボビーは兄のナイトクラブで働き成功、美しい女性(ブライク・ライブリー)と出会う・・・これまた彼女の名前もヴェロニカなのでした。
cafesub03.jpg

 ウディ・アレンの作品と言えば、ファニーでロマンティック、時にシニカルだけど切なさがふっと訪れて、と人生の酸いも甘いも描いてくれる・・さすが人生を長く豊かに経験し、映画に生き、恋に生きたマスターの教えは!といった印象があります。「人生ってこんなもんだと僕は感じているけどね・・」と映画を通じて語られるウディ節は年を取れば取る程ダイレクトに胸に沁みて、若い頃よりどんどん彼の作品がしっくりくるのは大人になった自分へのご褒美なような気もしています。で、今回はひとりの男と二人のヴェロニカが織りなす物語。
cafesub02.jpg

本作でもボビー演じるジェシー・アイゼンバーグがウディさながらにマシンガントークを繰り広げ(って、この人はもとからそういうタイプではありますが・w)、ブラックなユーモアで笑わせたり、はたまた30年代のゴージャスな世界観にうっとりさせてくれたり、と思ったら黄昏時のような寄る辺ない気持ちにもさせてくれたりと、ここに来てまたもやウディ映画の傑作が誕生しました。
cafesub05.jpg

 この映画で個人的にグっときたポイントは "進める道は1つ"であることの描かれ方。ボビーは成功を夢見て、ロサンゼルスに行ったり、夢破れてニューヨークに戻ったり、はたまたヴォニーに恋したり、恋破れてヴェロニカと結ばれることになったりと、彼の人生には違った生き方もあったかも・・・というのがいくつか提示されます。
cafesub06.jpg

でもこれはボビーだけのことでなく、人は誰しも日々どんな些細なことでも多くある選択の中から一つを選んで行動していて、それに満足しようが後悔があろうが「あの時こっちを選んでいれば」といった思いを必ずするものです。だって人生は1つしか選べないから。なのでどうしたって「あっちもあったな」と想いを馳せてみては堂々巡りになっちゃいます。
cafesub04.jpg

 そしてこの映画が語られる時に大ヒット上映中の映画「ラ・ラ・ランド」みたい、という感想を持つ方がとても多いのはどちらの映画も「あったかもしれない人生」について描かれるから。「ラ・ラ・ランド」の描き方はファンタジーでドリーミングなあの映画にふさわしい表現でしたが、さすが82歳のウディが描くそれはまた一味違った、独特の余韻を私たちに残してくれます。それは結局"夢は夢"であること。あったかもしれない夢のようなことは考えてもしょうがないという諦めを感じさせられながらも、その一方で"そんな夢を見続けられるって素敵じゃないか"の両方を私たちに差し出してくれる。これが何とも言えずほろ苦いけれど温かい・・・。
cafesub01.jpg

 人生の選択はたくさんあるようですが人は誰もが1つしか選べない、そして選んでいるようだけどそれは決まっているものと考える人もいるでしょうし、選んでいるのではなくただそうなっているだけ、と思う人もいるでしょう。"進める道が1つ"しかない私たちはそれに囚われ過ぎても損だけど、今ここにない人生を思い続ける、そう思わされる出来事があることが人生の彩りになる、「それも悪くない・・・」と映画を観終わってとても優しい気持ちになれるのでした。

★『カフェ・ソサエティ』公開記念メニューのお知らせ★
本作の公開を記念して、イクスピアリ4Fシガー&バー「トルセドール」では劇中の登場人物をイメージした4種のカクテルが、イクスピアリ3Fイタリアンレストラン「ピッタ ゼロゼロ」では映画の世界を皿上で表現した特別なデザートプレートが登場。
お会計時に映画『カフェ・ソサエティ』のチケットを提示するとさらにお得な特典も!
映画とあわせてお楽しみください♪

「トルセドール」のウェブサイトはこちら
「ピッタ ゼロゼロ」のウェブサイトは こちら

By.M
Photo by Sabrina Lantos © 2016 GRAVIER PRODUCTIONS, INC.

カテゴリ

2017年7月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31