トップページインフォメーション > 舞浜の地ビール「ハーヴェスト・ムーン」が、 「世界に伝えたい日本のクラフトビール ピルスナー篇」で、優勝しました!
インフォメーションINDEX
お知らせ舞浜の地ビール「ハーヴェスト・ムーン」が、 「世界に伝えたい日本のクラフトビール ピルスナー篇」で、優勝しました!
2017/04/24 掲載

舞浜の地ビール「ハーヴェスト・ムーン」が、
「世界に伝えたい日本のクラフトビール ピルスナー篇」で、優勝しました!

イクスピアリ内で醸造されているクラフトビール「ハーヴェスト・ムーン」のピルスナーが、日本ビアジャーナリスト協会(※1)が主催する選考会「第3回世界に伝えたい日本のクラフトビール ピルスナー篇」(※2)にて、見事1位に選ばれました。

★インタビュー記事はコチラ
★ハーヴェスト・ムーンについてはコチラ

選考は、まず、日本ビアジャーナリスト協会事務局にて、ピルスナーを醸造している日本のブルワリーの111銘柄をピックアップ。
次に、日本ビアジャーナリスト協会に登録しているビアジャーナリストたちによって40銘柄が選ばれ、各ブルワリーへの確認後、「ハーヴェスト・ムーン」を含む27銘柄が一般の方々によるインターネット投票でノミネート。「ハーヴェスト・ムーン」は、その27銘柄の中の上位8銘柄に選ばれました。

投票により選ばれた上位8銘柄は、4/20(木)に開催された「第3回世界に伝えたい日本のクラフトビール ピルスナー篇」最終選考会に出場。ここで、「最も世界に伝えたい日本のピルスナー」として「ハーヴェスト・ムーン」のピルスナーが最多投票を獲得しました。

これまでのみなさまの応援を、心より感謝いたします。本当にありがとうございました。
これからも「ハーヴェスト・ムーン」をどうぞよろしくお願いいたします。

(写真左から)
醸造者:柴田 旭、園田 智子
日本ビアジャーナリスト協会 代表:藤原 ヒロユキ氏

※1 日本ビアジャーナリスト協会…2010年7月に設立され、ビールの醸造者と消費者との間に立ち、知識を伝えるビアジャーナリストの確立を目指し設立された団体で、国内外の醸造者やビールを提供する店舗などからビールやイベントに関する情報を収集し、消費者に発信する活動を行っています。
http://www.jbja.jp/

※2 「世界に伝えたい日本のクラフトビール」とは…日本ビアジャーナリスト協会が主催する選考会で、ビアジャーナリストや一般の方々の投票により「最も世界に伝えたい日本のクラフトビール」が決定します。なお、第1回は「世界に伝えたい日本のブルワリー」、第2回は「日本らしい副原料」をテーマに開催、第3回の今年は世界で最も造られている「ピルスナー」です。