トップページエンターテイメント > イクスピアリ・パフォーマーズ・ステージ
イクスピアリ・パフォーマーズ・ステージ
大道芸からダンスミュージックまで、
さまざまなエンターティナーがイクスピアリを盛り上げます!
※悪天候やパフォーマーの都合により、内容の一部変更、または中止となる場合がございます
  • Syan
    Syan(日本)
    バルーンアーティスト。学生時代バルーンアートの魅力に出会い、独学で活動をスタート。2008年プロ転向し、現在関東を中心に全国で活動を展開。2009年日本のバルーン3大会と言われる、「JBANコンベンション」、「QualatexTwisters」、「ツイスターズ」の全てで優勝を獲得するという快挙を遂げる。バルーンが持つ、人を惹きつける魅力を探り、多くの人に「バルーンの楽しさ」の可能性を知って貰うため、日々活動中。魔法の様な速さの手さばきから、どんなバルーンアートが飛び出すか、お楽しみに!
  • KANA
    KANA(日本)
    ミュージカルレビューのような華やかKANA'Sショータイム。日本では珍しい本場海外仕込みのフラフープを使った技の数々、ダンスを交えたハットジャグリング・マジックで観客を魅了します。その魅力・技術は海外からも高い評価を受け、世界各国で多数出演しています。
  • 紫穂
    紫穂(日本)
    スタチュー(人間彫像)パフォーマンス。
    「NIKE」「奏神(かなでがみ)」「蛇の誘惑」と3体のスタチューを持ち、本物の彫像と見紛うほど高いクオリティと抜群の存在感。
    大道芸、イベントのほか、美術館での展示、広告モデルなど幅広く活動中。
  • デビッド・ラムゼイ
    デビッド・ラムゼイ(アメリカ)
    マジカル・バラエティ・エンターティナー。ジャグリング、コメディ、マジック、バルーン、一輪車、腹話術などいずれもトップクラスの腕前の総合エンターティナー。多彩なテクニックと流暢な日本語で観客とのやり取りが楽しいダンディーなニューヨーカー。7才からストリートパフォーマンスを始め、12才からマジックを主にTV活動をスタート。14才で、映画「フェーム」で知られるニューヨーク・スクール・オブ・パフォーミング・アートに入学。卒業後、ヨーロッパへ渡り、パリのシアタースクールで有名なジャック・ラカックへ留学しました。その後、プロとして世界各国で活躍してきました。静岡ジャパンカップを2度受賞している超実力派。